開運風水画・開運消災三桃図(掛軸)
2014 / 10 / 03 ( Fri )
霊徳あふれる三つの桃が厄難を祓う花も実もある名画題



桃は「兆」の木と書きます。兆は最上級・最高という意味があり、古来より霊力を秘めた果実といわれる縁起の良い題材です。また中国の古書「山海経」には、家屋敷に入り込む悪鬼を桃の木で作った弓で追い祓ったと記されなど、桃は古くから厄難を除ける霊徳の木として崇められてきました。花と実を一堂に描いた「花も実もある」厄除け題材に、由緒正しい「消災呪」をしたためた開運厄除作品です。




関連記事
スポンサーサイト
00 : 00 : 03 | 風水画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<《版画・風水画》吉岡浩太郎『開運』風水額(太子) 「夫婦滝昇り鯉」 | ホーム | 「龍勢」福本修>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://kamakura77.blog88.fc2.com/tb.php/738-70503db4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |