コンテナ型仮想化
2016 / 08 / 31 ( Wed )
従来のサーバーの仮想化技術は、ハイパーバイザー型仮想化と呼ばれていました。

ハイパーバイザー型仮想化とは、物理的なサーバーのシステム資源を見かけ上分割して、個別独立したシステムとして提供するために使用します。

コンテナ型仮想化はOSの上に“コンテナ”と呼ばれる仮想的なユーザー空間を提供します。

ハイパーバイザー型仮想化では仮想マシンとOSを起動させるのに手間と時間がかかります。これに対して、コンテナ型仮想化では、きわめて構想くに起動することができます。

コンテナ型仮想化のメリットは、次のとおりです。

・アプリケーションと一体でカプセル化すれば、アプリケーションをインフラ環境に依存することなく稼働させることができる。
・本番環境と運用・保守を同時に行うDevOpsにおいて、機能の追加や変更が容易に行うことができる。
・システム、インフラ間での可搬性が高まる。






スポンサーサイト
06 : 39 : 02 | 経営・IT | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>