老後に海外移住
2015 / 10 / 03 ( Sat )
老後に海外でゆったりと余生を過ごしたいという方もおおいのではないでしょうか。

海外移住するためには、各国のロングステイビザ、永住権付きビザ、リタイアメントビザ、年金ビザなどを取得する必要があります。

取得には国別に条件があり、現地の銀行に預金が一定額以上あることや、毎月の年金額に条件が付くことがありますので、事前によく調べるようにしましょう。



さあ、あなたも「世界一住みたい国」で幸せに暮らす計画を立ててみよう!



スポンサーサイト
08 : 45 : 00 | シニアライフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
老後に住宅ローンを組む
2015 / 10 / 03 ( Sat )
親子関係が良好な場合、高齢であっても住宅ローンを組むことができます。

親子リレーローンは、親がローンの後継者を指名します。

親が一定の年齢までローンを返済し、その後の返済を子供が引き継ぎます。

たとえ申込者である親が高齢でも、ローンの後継者が条件を満たせば、申込者の年齢に関係なく、25年~30年のローンが組めるのです。

死後、購入した自宅を子供に遺すつもりなれ最適かもしれません。

親子ペアローンは、最初から親子それぞれが資金を出し合って、住宅ローンを返済してくものです。

審査時に親と子の収入を合算して扱えるので、借り入れの限度額を増やすことができます。

また、親子それぞれ住宅ローン控除などの税制上のメリットを受けることができます。

親子ペアローンは、二世帯住宅を建てるときには最適といえるでしょう。



トクする住宅ローンはこう借りる



08 : 38 : 34 | シニアライフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
小規模多機能型居宅介護
2015 / 10 / 03 ( Sat )
小規模多機能型居宅介護とは、地域密着型サービスのひとつであり、通い、訪問、泊まりの3つのサービスを24時間、柔軟に受けることができます。

定員は25名以下で、施設には居間などの共有スペースがあり、孤独感もやわらぎます。

今までの住み慣れた地域を離れる必要がないのが特徴です。



失敗しない介護施設選び



08 : 32 : 08 | シニアライフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ケアハウス
2015 / 10 / 03 ( Sat )
ケアハウスとは、60歳以上の自立した人を対象にした、食事、入浴付きの老人用マンションです。

排泄、洗濯などの日常生活には支障がないが、身体機能が低下しつつあり、完全に独立した生活には不安を感じる高齢者を対象にしています。

65歳以上の要介護者を対象にしたケアハウスもあります。

軽費老人ホームの一種で、公的助成もあり、所得に応じて事務費が軽減されるため、資金的にあまり余裕がなくても入居が可能です。



失敗しない介護施設選び





08 : 28 : 31 | シニアライフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
サービス付き高齢者向け住宅
2015 / 10 / 01 ( Thu )
サービス付き高齢者向け住宅とは、高齢者住まい法により、バリアフリー構造などのハード面、ケアの専門家による見守りサービスがついているのが原則です。

しかしながら、食事、入浴、掃除といったサービス内容は物件によってまちまちなので、入居の際はよく確認しましょう。

費用を抑えたローコストタイプから、高級有料老人ホームまでの高額タイプまで、いろいろあります。



後悔しない高齢者施設・住宅の選び方


これからの高齢者住宅とグループホーム―北欧・英国に学ぶ“終の棲み家”


06 : 42 : 55 | シニアライフ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>